Alexaが来たら炊飯器を使わなくなった話

 夫が前職を退職した際に餞別としてEcho Flexをもらってきました。コンセントに直挿しできるタイプの小さなスマートスピーカーです。
 ガジェット系にあまり興味がないので持て余しちゃうかもね~なんて言っていたのですが、いざ設置してみるとニュースを流したり天気を訊いたりアレクサ音頭を歌ってもらったりと今では日常的にお世話になっています。

 料理をしていると結構な頻度で時間を測る場面があるんですが、これが声ひとつで済むのが何より便利です。
 生肉を調理しながらでも洗い物をしながらでも、一言「Alexa、3分のタイマーをセットして」と話しかけるだけでアラームを鳴らしてくれるのです。
 キッチンタイマースマホに触るために毎度手を洗うの、地味に億劫だしやっぱり衛生面も気になるんですよね。

 それでタイトルに戻るのですが、3月のある日にふと「鍋で米を炊いてみよう」と思い立ったのでした。
 当時の同僚にお米を炊くためだけに鍋や釜をいくつも持っているようなお米マニアがいまして、この人から「お鍋を使うのも想像してるよりずっと楽だよ」と教えてもらったのでさくっと挑戦してみたのですが、本当に簡単においしくご飯が炊けるのですっかりハマってしまいました。
 手順は白ごはん.comさんを参考にしています。

www.sirogohan.com


 こちらのレシピでは『お米を30~1時間浸水させる→水を入れて火にかけ沸騰したら中火で2分→少し火を弱めて3分→さらに弱めて5分~7分炊く』という手順になっています。炊きフェイズでは短いスパンで時間を測る必要があるので手動でタイマーを設定するとちょっとだけ面倒なのですが、これも全て「Alexa、○分のタイマーをセットして」と話しかけるだけでいいのでいちいち料理の手を止めなくて済みます。
 浸水の時間を含めなければ所要時間は炊飯器とさして変わらないので、今ではもっぱらお鍋でご飯を炊くようになりました。私は小さな手間を面倒がる傾向があるので、Amazon Echoがいなかったらここまで習慣化しなかったかもしれません。Alexa様様。

 ほんの少し手間をかけるだけで普段のお米がとってもおいしくなるので、自宅にいる時間が増えるのを機に皆さんも鍋炊きご飯に挑戦してみませんか。

365日貯金のすすめ

 物心ついたときから貯金が趣味の私です。こんにちは。

 不要不急の外出が自粛されたこの土日、良い機会とばかりに私物の整理をしていたらちょっとしたへそくりが見つかって小躍りしてます。やったー!
 ほぼ完遂しかけたところで私生活がバタバタしたので中断していた365日貯金でした。

365日貯金とは?

 毎日、1~365円の中から選んで貯金箱に入れるだけ。かんたん。
 1日平均183円の貯金で、1年間で7万円弱貯まる計算です。


(1+365)/2*365=66,795円


 アプリやシートで管理するとモチベーションが上がります。私はアプリを使っていました。

365日の貯金 [1年間のコツコツ貯金をサポート]

365日の貯金 [1年間のコツコツ貯金をサポート]

  • Moribe Masamichi
  • ライフスタイル
  • 無料
apps.apple.com
(しばらく更新されていないので若干挙動が怪しいです)

メリット

毎日財布をチェックするようになる

 もちろんお金が貯まることが一番のメリットなんですが、財布の中身を毎日チェックするようになるのが個人的には一番大きいです。
 貯金箱に入れる小銭を選ぶときに、その日買い物したレシートも一緒に取り出してそのまま家計簿をつけてしまいます。
「お金が貯まらない人の特徴」として不要なレシートでいっぱいの財布が挙げられることがよくありますが、これは自分がいくら使ったか頓着していないからなんですよね。支出の振り返りの習慣がつくことで無駄な買い物が減ります。

「ちょっと買い」が減る

 コンビニで小さなお菓子や飲み物を買うときに「これを我慢すれば貯金に回せる」という心理的なストップがかかります。

小銭がすっきりする

 お財布の中が小銭でいっぱいにならなくなります。

楽しい

 楽しい。

デメリット

それなりの精神力が必要

 雨の日も風の日も給料日前も、必ず1円以上は貯金しなくてはいけません。

小銭の管理がちょっと大変

 貯まってくると貯金箱がわちゃわちゃしてきます。
 小銭がある程度貯まったら、足し算引き算を駆使しながら中身をお札に変えていくのがおすすめ。


 新生活に合わせて4月1日からまた始めます。来年までに何買うか考えないと!

縁側でお茶を飲むような生活をしたい

 2020年1月1日の朝一番にインフルエンザ判定を受け、へろへろの間に卵粥を食べたらアナフィラキシーを再発し、そして未だ風邪っぽさがなくならず肺炎疑惑が出ているもずくです。こんにちは。
 もう2月になりましたが自分用メモも兼ねて今年の抱負を明文化しました。
 
 今年のテーマは「生活の基盤を整える」です。4月からまた公務員になるので、今後の人生の土台を改めて作っていく感じです。
 関係ないですが公務員→民間→公務員という自分でも不思議なキャリアなので、このあたりは落ち着いたらいつか文章にしたい。

  • 増やすもの
    • 貯金
    • 読書量
    • 文化的な生活への投資
  • 具体的なやること
    • 結婚式
    • 楽器
    • 英語の勉強


 フォロワーさんが「増やすこと」「減らすこと」に分けて抱負を書いていたのがわかりやすくていいなと思ったので真似してみました。
 それぞれについては以下から。
 

続きを読む

卵かけご飯でアナフィラキシーショックを起こした話

 1ヶ月半経ったので予後も兼ねて。
 花粉症、猫、ハウスダスト等々のアレルギーはあるものの食べ物でアレルギー症状が出たことは今まで一度もなかったので、そういう人でも時と場合によってはアナフィラキシーを起こす場合があるという話です。
 ※これは医療的見地に基づく記事ではありません。

8月13日(発症)

9:00 朝ごはんに卵かけご飯を食べる
9:40 なんかちょっと身体がかゆいような気がする、よくあることなのであまり気にしない
10:20 腕の内側とお腹、太ももを中心に発疹が出始める
10:30 呼吸が苦しくなって頭がぼーっとしてくる、ここらへんでちょっとやばいと思い#7119に電話をかける
10:40 詳しい症状やアレルギーの有無などを聞き取りされた結果、特に緊急性はないと判断される。近隣の病院をいくつか紹介されたが、情報サイトが更新されていないのかオペレーターさんに案内された病院がほとんど休診中
11:00 在宅で勤務開始 このときには身体が怠いわ手が震えてくるわでかなり怪しくなってきた
11:10 退勤(上司に大感謝)
11:30 少し症状が落ち着いたのでお盆でも診療している病院で一番近いところに向かう、案の定激混み
14:00 診察 待合室でぼーっとしている間に呼吸困難や息苦しさは落ち着いてきたけど発疹は相変わらずひどい。長い待ち時間で頭がバグった結果、発疹の症状についてだけ話して満足してしまうところだった。じゃあ念のためお薬出しておきますね、のところで呼吸困難や手足の痺れがあったことを思い出し「そういえば……」と相談したら先生が慌て始めた。血圧を測ったところ異常に低く、その場で即血液検査&アドレナリンの注射
15:00 帰宅 薬の副作用といろんな疲れで泥のように眠る

f:id:youmko:20190815194342j:plain:w200
 14時前後の症状がかなり落ち着いた頃で腕の内側がこんな感じでした。お腹と太ももはもっとひどかったです。

8月14日以降(副作用がやばすぎる)

 処方された抗ヒスタミン剤が全然身体に合わなくてその後一週間くらい苦しみました。倦怠感や全身の火照りに一日中悩まされたのですが、アレルギーの後遺症的なものかな~とのんきに考えており薬の副作用ということにしばらく気づかないまま過ごしました。気を抜くと意識を失いそうな怠さが何日も続き、日常生活や仕事にも支障をきたしたのでさすがにおかしいぞと思いお医者さんに相談しました。人によっては薬が合わずそういう症状が出ることもあるそうで、すぐに薬を違うものに変えてくれました。

検査結果と感想

 血液検査の結果アレルギー反応は出ませんでした。卵の賞味期限が過ぎていたり、普段と体調が違ったり(風邪や月経等)するとアレルギーを持っていない人にも反応が出ることがあるそうですが、今回の私の場合どちらにも当てはまらないのでただ単に運が悪かったようです。ひどい。
 一応一ヶ月くらいは卵と鶏肉は控えようね、と言われたので気持ち程度我慢しつつ過ごしました。 発症した日から生卵は口にしていないのですが、そろそろ卵かけご飯が恋しくなってきたので家族がいるときに挑戦してみます。火を通したものに関してはもりもり食べてますがなんともないです。
 普段食べるものに意外なほど卵が使われていることに気付いて、卵アレルギーの人の苦労の一端が少しだけわかりました。

 人生で初めて#7119を利用しましたが、思ったよりあてにならないな……という感想です。症状の聞き取りはされましたが具体的な対処を指示されるわけではなく、「救急車を呼ぶほどではないけど一応心配だからすぐに病院に行ってね」という感じでした。近隣の病院を調べつついくつか提示してくれましたが、お盆でも診療している病院を既に自分で調べた後だったので何の目新しい情報もありませんでした。さらに看護師さんが見ている「ひまわり」という医療機関案内サービスの情報が全然更新されておらず、夏季休業中の病院も数件案内されました。私は事前に調べていたので気づきましたが、知らずに病院の前まで行って休診だったら一大事になりそうですね。

 あと今回の副産物として血液検査の際にコレステロールが高いことが判明し、これ以上高くなったら薬物治療だね~と言われてしまいました……。体質的なもので食事制限や運動では限界があるらしいです。というかこれ以上食事制限したら死んでしまう。おそらく私は昨日Twitterで見た「ハードゲイナー」という体質なので、意識してカロリーを取らないといけないんですよね。運動の方は確かに不足している感があるので、涼しくなってきたし食事後の散歩をがんばろうと思います。

グラブル中級者の水古戦場反省会

 水古戦場お疲れさまでした!!
 コロマグをAT中になんとか1ターンで倒せるくらいの騎空士の話です。

 Bランクの下の方である弊騎空団の戦績は勝-勝-負-勝の3勝1敗でした。3日目は100hell1体分の貢献度差で負けたので、団長が「あのときトイレに籠もらなければ……!」と悔しがっていたのが面白かったです。
 私が戦力的に役に立たないので、水やくざの団長のサポートをするべく今回はお肉集め要員になりました。EXをワンパンするために剣豪を取ったよ!

f:id:youmko:20190725201922j:plain
グランくん(15歳)

 お肉集め~95hellまでスタメンは基本的にこの3人でした。アルタイルをレベル100にするのが間に合わなかったのが心残りですが、それでもデバフに奥義ゲージ補助にと大活躍でした。メガネつよい。
 むきむきのグランくんと可愛くてかっこよくて奥義火力のすごいシルヴァさん(27歳)と顔の良いお兄様が雑に殴ってるだけで結構貢献度を稼げました。アグロヴァルの2アビで付与できる氷牢効果も地味に便利。

f:id:youmko:20190725201934j:plain
メインは間に合わず2凸で終わったフィンブル

 武器編成はthe・マグナ編成という感じです。AT中に団アビ付きでEX+を出すことができたので、その後はカツオ剣豪でEX+を2ターンでぐるぐる回っていました。
「水マグナは未来がない」と聞いていたので、リヴァ短剣4凸はとりあえず1本だけに留めました。リストで眠ってるヴァルナでいつかちゃんとした編成作るんだ……。
 95hellくらいまでならゆっくりであればソロ討伐もできたけれど、100hellは完全に赤ちゃんがぺちぺち煉獄カツウォヌスを叩いている図でした。HPが多すぎるし攻撃も痛い。本質一致。
 剣豪のスキル回しがいまいち上手くいかなかったので練習します。奥義ゲージ管理難しい!


 ボックスは計13箱でした。本当は20箱くらい開ける予定だったのですが、ミュウツーの逆襲を観に行ったり仕事があったりであまり回せず。心の中の効率厨に勝ったので、シス加入用の六崩拳4本+属性変更用の四天刃を集めました。半額期間でひたすら散らばった積み荷を集めるぞ!!!
 古戦場、開催のたびに少しずつ強くなっているのが実感できていいですね。うちの団はノルマもないので自分のペースで好きなときに好きなだけ走ってるんですが、戦貨も貢献度も毎回ちょっとずつ多く稼げるようになってきました。

 えらいので古戦場終わった翌日から火古戦場に向けて毎日フラムHL18連をこなしてます。なおオッケ直ドロ0本の模様。

過去との決別

 大層なタイトルだけど、13年使ったマグカップを捨てました。中学校の同級生にディズニーのお土産としてもらったもので、ナイトメアビフォアクリスマスのハロウィン限定デザイン。さすがディズニーというような丈夫さで、私の雑な扱いにも関わらず一切割れたり欠けたりせず長期間働いてくれました。

 私は同じ機能を持つものを2つ以上所持することがいっそ病的なほどに苦手です。マグカップは当然家にひとつあればいいし、ペンケースの中には書きやすいボールペンと多色ペンとシャーペンと消しゴムが各ひとつずつ。調理器具や爪切りなどの生活雑貨も、できれば最小限の数で済むように。
 最近やっとシーンに合わせてリップを使い分けたりコレクションの意味で文房具を買い集めたりすることができるようになってきたけれど、やっぱりまだまだ苦手意識があります。
 
 貰いもののマグカップは大きくて一日に大量の水分を摂る私にはとても都合が良かったです。でも黒いせいで飲み物の色が分かりづらくて茶渋にも気づきにくいし、そもそも私はディズニーに限らずキャラクターものがあまり好きじゃない。それでもずっと使っていたのは、……なんでだろう? 今でもよくわからないです。
 カップをくれた友達は別々の高校に進んだ後になぜか重度のメンヘラになり、私のポケットモンスターファイアレッドを借りパクした挙げ句疎遠になったので(ソフトは後で別の友人を通して返してもらった)、くれた友人に今でも特別な思い入れがあるわけでもなく。不思議です。

 そういう「なんとなく」惰性で続けていることを見直していこうというのがこの夏の目標です。

 今日はIKEAでガラス製の透明なマグカップを買いました。今までのマグカップの半分くらいしか容量はないけれど、シンプルなのでコーヒーにも紅茶にも良さそう。包んで持ち帰るために使った新聞紙でそのまま今日まで使っていたカップを梱包して不燃ごみに捨てました。今までありがとう。

「書くこと」のハードル

 Chromeのブックマークを整理していたら、閉鎖してしまったサイトに混じって高校時代の友人がブログを再開していました。2014年以降更新されていなかったのですが、3ヶ月ほど前からたまに記事が投稿されているのを偶然発見しました。直近のものに「アウトプットの練習なんだから、内容はともかく継続しないと」という旨の記事があり、頷きすぎて赤べこになってしまった……。
 
 私が高校生の頃はAlfooやDecooやエムブロが最盛期で、個人のホームページではみんなこぞってブログを更新していました(この3つの名前を久しぶりに目にしただけで胸の奥底がぎゅっとなった)。というかDecoo、先日の私の誕生日にサービス終了の告知をしていたらしいです。またひとつ時代が終わったのだなぁ。
 私は文芸部だったのですが、多くの部員がブログのような形で日々文章を書いていました。その頃の私は今みたいに「自分が書いた文章が人の目に触れる」ということを全然意識していなくて、言葉の遣い方や文体、記事のアクセス数、誰が見ているか等々を考えず、ただ書きたいことだけを書いて毎日たくさん投稿していました。たぶん友人のほとんどもそうだったと思う。
 出来事や感情を共有したいというよりは書くこと自体がすごくすごく楽しくて、思い返せば恥ずかしくなるようなことまで毎日たくさんのことを書き散らかしていた気がします。
 今では「書く」という作業はどちらかというと気合が必要な部類に入るので、高校時代に創作仲間として仲が良かった彼女のブログを読んでそんな過去の時代に思いを馳せたのでした。

 最近はツイート数すらめっきり減ってしまって文章を書く機会がどんどん減っているので、ここらで一念発起したい。あと○年ぶりに彼女に連絡を取ってみようと思います。